スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
なんとなくアサ・AXについて その1
2007-10-03 Wed 16:39
なにか更新しようにも、ネタもなければ質問やリクエストもなく
(そりゃ長い間、更新休止してましたからね)
どうしようかなーということで、アサシンクロスの基本的な事について書こうかなと。
アサシンテンプレート見れば大体のこと分かってしまうんですよね!
うぅ、無駄だってことくらいわかってますorz

あ!リンクに、同じ鯖で夫婦揃って活動しているうたこさんのブログを追加しました!
ゴブリンを狩る姿は、verdandi鯖で最も華麗です(*ノノ)


とりあえず、アサシンクロスのステータスタイプから主に分類してみます。
まずは『狩り型』と『対人型』という二つに区分しましょう。(ロマン型と呼ばれるタイプもありますが、それは別の機会に。)

手始めに『狩り型』をさらに分類。ここで近接戦闘タイプか遠距離戦闘タイプ(一確と呼ばれる、一撃で相手を倒すタイプもここに入れます)かに分けます。
近接戦闘タイプと呼ばれるのは、一般にカタール・二刀流による直接攻撃を主に戦闘を行い、スキルを補助として使うタイプです。
遠距離戦闘タイプと呼ばれるのは、AXのスキルであるソウルブレイカー(Sbrと呼ばれるスキル)を攻撃の主として使用し、敵Mob(モンスターのこと)を倒すタイプです。

 今回は近接戦闘タイプの説明をしようと思います。近接戦闘タイプでは、カタールと呼ばれるアサシン及びアサシンクロス専用の武器を用いて闘うカタール型。短剣や片手剣を両手に持ち(アサシン及びアサシンクロスは他職と違い、短剣・片手剣・片手斧を両手で同時に持つことが出来る)闘う二刀流。そのどちらも使いこなすスイッチ型。カタールを使うが、Lukを上げクリティカル攻撃を連続して叩き込むクリティカル型があります。
各武器タイプでの違いですが、大まかですが以下の通りです。

 カタール型 ・ 高いAspd(攻撃速度のこと)による高速攻撃と、カタール系を装備している時のみ使用可能なスキルが強力。ただしカタールでは、シーフスキルであるダブルアタックが発動しない。カタール装備時にダブルアタックを出すには、武器にサイドワインダーカード(通称黒蛇c)を挿すか、ひよこちゃんと呼ばれる頭装備(限定アイテム)を装備することにより使用できる。このとき、カードや装備の効果説明では、「全ての武器でダブルアタックLv1(ひよこちゃんはLv2)が発動する。」となっているが、使用者がそれ以上のLvのダブルアタックを習得している場合、最高Lvのダブルアタックが発生するので問題はないです。
 短所としては、ダメージが全体的に低いため殲滅力不足により囲まれることが多い。また、スキルも使用できるが、SPが低いために連続して多用できないことです。
   (主なステータスタイプとして、A>S>Dなど)

 二刀流 ・ 右手と左手に違う武器を持てるため、特化と呼ばれるカード(○○種族にダメージ20%UPなど)挿し武器や属性武器を同時に装備することで、左手に持った武器の効果を右手の武器にも乗せることができます(最大8枚のカードが使える)。それにより、通常攻撃でありながら高い攻撃力を誇る。(右手に持つ武器を短剣にすることで、ダブルアタックも発動する。ただし左手はいかなる場合でもダブルアタックは発動しない)
 短所は、両手に武器を持つことで大幅にAspdが下がってしまうこと。短剣は大型に対して武器ATK(攻撃力)が50%に低下するため、大型Mobに対して弱いこと。Agiをさほど上げないためFleeが低く、素早く倒さなければ被弾してしまいます。
   (主なステータスタイプとして、S>A>Dなど)

 スイッチ型 ・ 敵Mobの種類によってカタールと二刀流を持ち替えながら闘うことにより、様々な敵・状況に対応することが出来る。狩場の選択肢が広がるため、様々な他職やPTと組むことが出来ます。
 短所は、カタールを満足に使うにはスキルのカタール修練を、二刀流を満足に使うにはスキルの右手修練及び左手修練を取らなければいけないため、スキルを圧迫することになる。さらに、ステータスもStr・Agi・Dexにそれぞれある程度振らなければいけないため、器用貧乏とも言える。攻撃力は二刀流以下、Aspdはカタール型以下になることは避けられないでしょう。
   (主なステータスタイプとして、S=A>D>Lなど)

 クリティカル型 ・ 上に挙げた3タイプとは違い、カタールにはクリティカル発生率が2倍になる効果があることを利用し、Lukにステータスを振り、ステータス欄のCri(クリティカル率のこと)を上げる装備を身に付けることで、通常攻撃ではなく、クリティカル攻撃と呼ばれる相手の防御力を無視した攻撃を連続で行うことが出来ます。この攻撃は相手のDef(防御力のこと)に関係なく安定したダメージを与えることが出来、さらに属性やカードの効果が乗るので、他職ではなかなかダメージを与えることが出来ない相手でも楽に倒すことが出来ます。
 短所としては、ダブルアタックと効果の併用が出来ないため、1回の攻撃で右手左手それぞれ一撃ずつであること。Defの少ない敵が相手だと、真価を発揮できないこと。相手のLukが高い場合、Cri率が下がること。全体的に攻撃力が低くなること(Lukに振るためStrを上げるのが難しい)。
   (主なステータスタイプとして、L=A>Sなど)

近接戦闘タイプにおいては、アサシンとアサシンクロスでさほど大差はありません。エンチャントデッドリーポイズン(EDPと呼ばれるスキル)は、通常狩りでは到底使えないほどの経費ですし。
メテオアサルト(MAと呼ばれるスキル)も、Agi型で使うことは稀でしょう。狩り中にMH(モンスターハウス。Mobが一箇所に固まっている場所のこと)に遭遇したり、急に沸かれて囲まれたときに使う程度でしょうか。
最近は、新パッチによる新Mobがどんどん強くなっていることから、Agiを削りVitを上げている人も多いようです。こちらは、対人型のほうで説明するつもりです。
本当はss等もつけて、もっとわかりやすいように説明したいのですが、それは大変な労力がいるので追々・・・頑張ります。

今回の記事で書いたことは、まだまだほんの一部にも満たないです。
このブログで少しでも、アサシン並びにアサシンクロスのことを皆様に知ってもらい、アサ・アサクロに興味を持っていただければ、いちアサ好きとして大変嬉しく思います。
それでは今回は長くなったのでこの辺で。
今回の考察(と言えるのかな・・?)に対するご意見やご質問、並びに今後やって欲しいor教えて欲しいこと等ありましたら、なんでもお受けします。たくさんのコメントがもらえるよう、お待ちしてます。

そんなこと改めて言われなくても知ってる!って人でも
どうかワンクリックを(*ノ∀`)
スポンサーサイト
別窓 | アサ・AX考察 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<なんとなくアサ・AXについて その2 | Liber AL vel Legis | 心機一転(*'ヮ')>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| Liber AL vel Legis |

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。